ハーバリウムの花材 | Le Beau Flower

「ハーバリウムの花材」

「ハーバリウムの花材」
  • NEWS2021.06.06

    ハーバリウムのビンは通常口径が2cm強であまり大きい花材を入れることが出来ません。
    ジャムビンは口径が広めになっていますので、使用出来る花材の範囲も広がります。

    今回は一般的なハーバリウムビンでのお話です。

    皆さんはショップやSNSでハーバリウムをご覧になって、なんでこんなに大きいお花が小さいビンに入っているの?と不思議に思われる事があるかもしれません。

    これはちょっとしたテクニックで作れるんです。

    是非このテクニックをレッスンで身につけてください。創作の範囲が広がりますよ!

    以前行ったワークショップでの出来事でした。さあオイルを入れましょうとなったとき、あれ?なんかおかしいなぁと感じたビンがありました。
    よく見ると中に入っていた花が原型とは違っていたのです。そうその方は花がビンに入らないのでハサミで小さくして入れていたのです。ビンの中は花びらの切りくずで汚い印象になっていました。
    この時は大勢の参加者の中でしたので私の目が隅々まで届いていなかった事や、参加してくれた方の時間差があって皆さん同時に同じ工程が踏めなかった事が原因でした。
    もう一度作り直して無事かわいいハーバリウムが完成しました。ビンに入れるテクニックを説明すると、「なるほど……難しいけど教えてもらえて良かった。入れ方があるんですね。」「かわいいハーバリウムが出来てとてもうれしい。」と満足していただけました。

    私もこの経験をしたことで、ワークショップの人数制限やお手伝いいただく講師の方を依頼するなど対策を立てています。

    ところで本題ですが、ハーバリウムに使える花材はとても多く、プリザーブドフラワーはほとんどの物が使えます。ただしビンの口径よりはるかに大きい物はさすがに入れる事は出来ません。少しずつビンに入れることで入る物が多いのですがかたちを変えることが出来ない物は入りません。

    アーティシャルフラワー(造花)も同じです。手で押し込む事が出来ればいいのですがやはり限界はあります。
    2cm以下の花材を使うことをおすすめします。

    ドライフラワーは発色があまり期待できません。(個人の感想)そして扱いが繊細でちょっと大変!(折れたりバラバラ崩れてしまいがち・・あくまでも個人の感想)扱いもゆっくりより丁寧にして下さいね。

    その他ラメカールワイヤーやリボン、フィギュアなども使えます。しかしオイルを入れますので、変色や色落ちには注意が必要です。せっかく作ったのに色が変わってしまい残念な結果となることもあります。
    色落ちしてその色が作品を又違った雰囲気にしてくれる事もありますが・・

    こちらの作品はオレンジ色が染み出てしまいました。でも全体で見るとそれも又味が出て良い雰囲気になっています。

    下の作品は2年半位前の物ですが、バラのブルーがイエローのかすみ草に染まってしまいました。ちょっと残念な結果です。(でもこれは認定レッスンで作った、処分出来ない思い出の作品なのでこのまま大切に飾っておきます。)

    通常ハーバリウムは1年くらいはそのままで飾っておけると言われています。
    直射日光を避けて飾ってくださいね。そうすることで持ちが良くなります。

    色落ちしないか講師の先生方はレッスンで使用する花材の色落ちテストをして準備していますので、安心してレッスンを受けられます。

    これは折り紙の色が落ちないかテストしています。もう半年以上たちますが色落ちしないので花材として使えますね。

    一般的にアーティシャルフラワー(造花)は色落ちしにくいといわれていますが、色落ちしてします物もあります。

    こちらはアーティシャルフラワーの桜が入っていますが、1ヶ月くらいでオイルがピンクに染まってしまいました。

    オイルについてのお話はまだしていないのですが、ハーバリウムオイルは無色透明です。
    上の作品はちょっと私が手間を省いてしまった結果でした。

    このようにハーバリウムのレッスンをしている講師の皆さんはいろいろ試行錯誤してテクニックや知識をレッスンでお伝えしています。

    又花材も自分で好きな物を揃えようとするとかなり金額がかかります。そして花材が余ってしまいます。パック販売しているサイトもありますが、花材の管理(特に湿気に対して)がしっかりされている物を使わないとカビの原因になります。
    このような意味でも豊富な花材を用意している講師さんからレッスンを受けることが良いと思います。

    特に当店ではオンラインレッスンでもまずお好みの花材を確認してから発送しますので、ご自分の希望にかなったハーバリウムが作れます。

    今後も皆様にお気軽に選んでいただけるレッスンを目指していきます。一緒に世界にひとつだけのハーバリウムを作りましょう。

     

     

     

     

     

     

     

     

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry