プリザーブドフラワー バラを使ったハーバリウムのお話し | Le Beau Flower

NEWS

  • NEWS2021.06.08

    プリザーブドフラワーのバラはとても色が豊富で大きさもたくさんあります。

    ハーバリウムのビンに入れることももちろん出来ます。
    あまり大きい物は入りませんが….

    そしてバラといえばとても美しい・可愛い・ゴージャスなんてイメージありますよね。
    そんなバラをハーバリウムの花材として使ってみたいと思うのも当然です。

    しかしバラはオイルを入れると浸透され透けてきます。
    その透け感を活かした作品もあるのですが、ひとつそのまま入れるとオイルを吸ってぼやけてしまいその存在感が失われてしますことが多いです。

    作って見たけど残念💦💦💦 こんな経験ありますよねー

    クリーム色とパープルはプリザーブドフラワーのバラを使っています。
    このように他の花材と比べてもぼんやりしていることがわかります。

    この2つはもう2年以上経過したバラです。どちらもオイルが浸透して透明感がすごいです。
    ただぼんやりしていますよね。

    このようにバラを使うときはデザインを考えて、他の花材との組み合わせを吟味することが必要と思います。

    前回ご紹介したこちらの作品は、バラの花びらだけを入れてその透け感を楽しむ作品になっています。

    向かって左のピンクのバラの花びらを使用した物です。

    これは一輪のバラを使用したLANA2という作品になります。(JHA認定講師限定での受講になります。)

    バラを開花させ、透明感を楽しむ作品です。

     

    ハーバリウムこちらはとても小さいサイズのバラを使った、当サロンオリジナルデザインの#Begrassheart~ビーグラスハート~です。
    魔法のバラをイメージしています。

    特殊な薬液を塗ることで色落ちを防ぐことも出来るようですが、そのままでいかにバラの持っている特性を活かして作るかを考えてみるのもいいですね!

    JHA日本ハーバリウム協会認定講師用レッスンの限られてしまうものもありますが、フリーでお作りいただける物もたくさんありますのでお気軽にお問い合わせくださいね。

     

     

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry